検索
  • 山内 常人

ジョッギングや長歩きは筋肉疲労を起こすもの。

ジョッギングや長歩きはエネルギー消費にはなる有酸素運動ではあるし心肺機能の維持にもなる。但し筋トレではなく筋肉疲労を起こすもの。本当にこのような運動で筋力をつけたければ全力疾走しかない。 だがこれをやっても腰や股関節、膝関節の負担にならない程の絶対筋力が必要となる。理想的な筋トレは短時間(30秒~数分)しかできない負荷をかけ、しかも休養を置いて繰り返し行うことである。 筋肉疲労になれば腰や股関節、膝関節を支える力は減弱し、椎間板や関節軟骨のすり減りに繋がるものとなる。結局椎間板ヘルニアや関節症の原因となる。 絶対筋力のない間は極力、関節・脊椎に負担のかからない状態での筋力強化を心掛けるべきである。立位よりは座位、座位よりは臥位を選択すべきである。

69清水 晃一、北薗 洋藏、他67人 コメント12件 シェア2件 いいね! コメントする シェア

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

歩行や軽いジョッギングでは運動の方向に慣性力が働いて大腿四頭筋は強く収縮しなくても膝が伸展して行く(下腿が前方へ振り出される)のであまり大腿四頭筋強化にはならない。むしろ軽い運動の繰り返しで筋肉疲労に繋がる。大腿四頭筋は重力、慣性力を利用する「ずる賢い」筋肉。 結局歩きは筋肉疲労⇒関節のツッパリ力の減少⇒関節軟骨のすり減り⇒変形ということになる。 一方ハムストリングスは、重力に逆らって下腿を後方へ

膝痛や腰痛があれば水中ウォーキング てのは生易しい。せっかく水の中で体重が減るのだから「ランニング」しましょう! 結構大変だから体幹のトレーニングにもなります。転倒しても怪我はしません。もしかしたら溺れるかも??? 冗談はさておき短時間でもきつい運動をする習慣をつけましょう! 最初は水中ウォーキングでも最終目標は水中ランニングです。