top of page
検索
  • 山内 常人

ジョッギングや長歩きは筋肉疲労を起こすもの。

ジョッギングや長歩きはエネルギー消費にはなる有酸素運動ではあるし心肺機能の維持にもなる。但し筋トレではなく筋肉疲労を起こすもの。本当にこのような運動で筋力をつけたければ全力疾走しかない。 だがこれをやっても腰や股関節、膝関節の負担にならない程の絶対筋力が必要となる。理想的な筋トレは短時間(30秒~数分)しかできない負荷をかけ、しかも休養を置いて繰り返し行うことである。 筋肉疲労になれば腰や股関節、膝関節を支える力は減弱し、椎間板や関節軟骨のすり減りに繋がるものとなる。結局椎間板ヘルニアや関節症の原因となる。 絶対筋力のない間は極力、関節・脊椎に負担のかからない状態での筋力強化を心掛けるべきである。立位よりは座位、座位よりは臥位を選択すべきである。

69清水 晃一、北薗 洋藏、他67人 コメント12件 シェア2件 いいね! コメントする シェア

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

筋力が落ちると痛みが出る。

あっさりと言えば痛みが出ればその周りの筋力が落ちたと認識すればいいだけ。 日常生活ではどうもなくても特殊なスポーツや仕事をすると痛くなる。これもスポーツや仕事をするだけの筋力がなくなっているという事だ。 であるとすればやる事は一つ。⇒⇒筋トレのみ。 但し疼痛があれば筋トレなんかしたくない。痛みを和らげて筋トレを頑張る。 痛みを和らげる方法は薬でも、湿布でもリハビリやマッサージでも針灸でもなんでも

Comments


bottom of page