検索
  • 山内 常人

前屈時における①椎間板が正常な場合と②変性した場合の椎体の動き


(L4/5の場合)

①正常時は椎間板は前後方向へのずれはほとんどおこさず、前方は縮んで後方が開く⇒神経根は影響をほとんど受けない。

②変性時は椎間板の不安定で上位椎体が下位椎体に対して前方へややずれるように動き神経根は椎間板と上位椎体の下関節突起に挟まれるような形になる。⇒神経根は圧迫を受け痛そうだ。

このようにして前屈時にぎっくり腰、いわゆる腰椎捻挫を起こす。椎間板ヘルニア(椎間板の髄核の一部が後縦靭帯まで破って突出)になる前に腸腰筋を鍛えましょう。

椎間板が正常ならぎっくり腰は起こさない。前に曲げただけで椎間関節痛も含め腰痛が起こることはない。ぎっくり腰を起こすということは椎間板や椎間関節が既に変性している。

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

歩行や軽いジョッギングでは運動の方向に慣性力が働いて大腿四頭筋は強く収縮しなくても膝が伸展して行く(下腿が前方へ振り出される)のであまり大腿四頭筋強化にはならない。むしろ軽い運動の繰り返しで筋肉疲労に繋がる。大腿四頭筋は重力、慣性力を利用する「ずる賢い」筋肉。 結局歩きは筋肉疲労⇒関節のツッパリ力の減少⇒関節軟骨のすり減り⇒変形ということになる。 一方ハムストリングスは、重力に逆らって下腿を後方へ

膝痛や腰痛があれば水中ウォーキング てのは生易しい。せっかく水の中で体重が減るのだから「ランニング」しましょう! 結構大変だから体幹のトレーニングにもなります。転倒しても怪我はしません。もしかしたら溺れるかも??? 冗談はさておき短時間でもきつい運動をする習慣をつけましょう! 最初は水中ウォーキングでも最終目標は水中ランニングです。

短距離ランナーは中、長距離ランナーに比べて腰痛は起こりにくい。 短距離走では太ももが強く速く上がり、下腿が強く速く伸ばせることで歩幅も広くなり、また一連のその運動が速くなることでスピードが上がって行く。 正に腸腰筋(膝を上げる)と大腿四頭筋(膝を伸ばす)の理想的筋トレである。 ただ一般の中高年がすぐできる運動ではないし、転んで怪我をしてはもともこもない。安全な筋トレで自信がつけば将来的にもしかした