検索
  • 山内 常人

腰椎の前弯と腹圧について

腰椎の前弯と腹圧について

腰椎は正常では軽い前弯を形成しているが、前弯が増強するほど腰痛のリスクは高くなる。椎間板の後方にかかる圧が高くなり、変性を起こしやすくなる。当初は後方だけの潰れが時間と伴に後方から前方へと椎間板は完全に潰れて行く。椎間板に均等な圧がかかる状態、椎間板がどこでも水平に近い状態(換言すれば真っすぐな背骨)が椎間板に変性を作らない状態である。しかし実際では前屈を多くとる人間の生活では後方に引っ張る筋肉が強くできていて腰椎は前弯を作ることになる。

さて腹筋の表層の筋肉(腹直筋、腹横筋、内外腹斜筋)は腹圧は作れるが腰椎を前から守れるほどの力はない。腰椎を前から突っ張るほど(前から押す程の)の力があるとすれば腰椎は後弯を形成しなければならない。腰椎の圧迫骨折を起こすかしていなければありえない事である。

腹圧では腰椎は守れない(直接及び間接に腰椎に付着する腸腰筋の補助にしかならない)インナーの腹筋を鍛えるしかないのだ。

見せかけの腹筋だけでは腰椎は守れない!ただ排泄はうまくいく(^_-)-☆

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

歩行や軽いジョッギングでは運動の方向に慣性力が働いて大腿四頭筋は強く収縮しなくても膝が伸展して行く(下腿が前方へ振り出される)のであまり大腿四頭筋強化にはならない。むしろ軽い運動の繰り返しで筋肉疲労に繋がる。大腿四頭筋は重力、慣性力を利用する「ずる賢い」筋肉。 結局歩きは筋肉疲労⇒関節のツッパリ力の減少⇒関節軟骨のすり減り⇒変形ということになる。 一方ハムストリングスは、重力に逆らって下腿を後方へ

膝痛や腰痛があれば水中ウォーキング てのは生易しい。せっかく水の中で体重が減るのだから「ランニング」しましょう! 結構大変だから体幹のトレーニングにもなります。転倒しても怪我はしません。もしかしたら溺れるかも??? 冗談はさておき短時間でもきつい運動をする習慣をつけましょう! 最初は水中ウォーキングでも最終目標は水中ランニングです。