top of page
検索
  • 執筆者の写真tsunehachi

腰部~下肢筋力強化

長歩きやジョッギングは筋トレではない。筋トレとは短時間しか続けられないようなきつい運動。2時間もやれるような運動は筋トレではなく筋肉疲労。筋力が弱くなった中高年がこのような運動をやるって事は、弱くなった筋肉をさらに疲労させて下肢関節や脊椎の負担を大きくしている事になる(筋肉疲労のため実質的筋力はさらに低下、結局脊椎・下肢関節の負担は増大)。走り抜く、歩き抜く精神力や忍耐力、有酸素運動を行う事で代謝力はついても筋力はつかない。こういう運動を腰痛、膝痛の出現なく行えるように短時間でもきつい運動をかねてから行っておかねばならない。


後屈のすすめ・・・安定して下肢の関節、背骨を使いできるだけ安定して後屈ができるように腹筋(腸腰筋)・大腿四頭筋を強化する事。丁度究極のリンボーダンスの格好が30秒くらいできる事(片手は壁や柱をつかんでも構わない)


閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

筋力が落ちると痛みが出る。

あっさりと言えば痛みが出ればその周りの筋力が落ちたと認識すればいいだけ。 日常生活ではどうもなくても特殊なスポーツや仕事をすると痛くなる。これもスポーツや仕事をするだけの筋力がなくなっているという事だ。 であるとすればやる事は一つ。⇒⇒筋トレのみ。 但し疼痛があれば筋トレなんかしたくない。痛みを和らげて筋トレを頑張る。 痛みを和らげる方法は薬でも、湿布でもリハビリやマッサージでも針灸でもなんでも

関節軟骨の温存できる体を作ろう。

ジョッギングや歩行は脊椎の椎間関節や椎間板、下肢の股関節や膝関節、足関節の軟骨を擦り減らす運動である。元々体重が乗って関節を動かす動作で軟骨が擦り減る。 若い年代では軟骨の再生能力が高く、すり減った軟骨は1日から数日で再生が可能だが、中高年になると消費が再生を上回り、元の軟骨の状態には戻ることなく軟骨の消失の連動に繋がる。結局たくさん歩くことで腰痛や膝痛を起こすことになる。 ではどうすればいいのか

Comments


bottom of page