検索
  • 山内 常人

筋力強化運動を!

更新日:2020年3月26日


歩くばかりでは腰痛、膝痛は避けられない。それさえも少なければ骨折のリスクも内臓疾患のリスクも上昇する。換言すると歩くだけでは老化による筋力低下を防ぐ事はできない。もっと言うとその他の病気の出現の可能性もある。

動けると少々の脊椎・関節の疼痛は気にしない。薬やシップで疼痛が軽減するともうその原因の追求は考えない。これが普通である。

全力で走る事ができる間は筋力は維持される。 脊椎や四肢関節の疼痛を自覚したらその周囲の筋力が低下していると思わないといけない。

野生の動物だってペットだって走るからこそ元気を保てる。早くに目の見えなくなった動物は恐怖から走る事はできない。歩くばかりでは筋力の低下が著しくなって内臓の機能は落ち寿命が短くなる。

中高年は好きでなければ走る必要はないが、それに代わる筋トレはやった方がいい。毎日続けられる様な運動が好ましい。超短時間でいいからきつくなるまでやる。

いくつになっても筋肉だけは裏切らない!






閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

歩行や軽いジョッギングでは運動の方向に慣性力が働いて大腿四頭筋は強く収縮しなくても膝が伸展して行く(下腿が前方へ振り出される)のであまり大腿四頭筋強化にはならない。むしろ軽い運動の繰り返しで筋肉疲労に繋がる。大腿四頭筋は重力、慣性力を利用する「ずる賢い」筋肉。 結局歩きは筋肉疲労⇒関節のツッパリ力の減少⇒関節軟骨のすり減り⇒変形ということになる。 一方ハムストリングスは、重力に逆らって下腿を後方へ

膝痛や腰痛があれば水中ウォーキング てのは生易しい。せっかく水の中で体重が減るのだから「ランニング」しましょう! 結構大変だから体幹のトレーニングにもなります。転倒しても怪我はしません。もしかしたら溺れるかも??? 冗談はさておき短時間でもきつい運動をする習慣をつけましょう! 最初は水中ウォーキングでも最終目標は水中ランニングです。