検索
  • 山内 常人

骨折しない生活を!


生涯において脊椎あるいは大腿骨頸部骨折を発生する確率(ライフタイム・リスク)は我が国の場合、50歳の日本人女性で脊椎骨折でおよそ37%、大腿骨頸部骨折は5.5%と推計されている。また、50歳女性の少なくとも42%は、生涯に脊椎、大腿骨頚部、撓骨遠位端、上腕近位部などのいずれかの部位の骨折を起す可能性があるとされている。

ならば普段からバランスのとれた食事と腰椎と股関節を前方から守る腸腰筋(腹筋のインナーマッスル)を維持、強化していかねばならない。

相当の外傷、感染症による熱発、腫瘍等以外の腰痛や臀部痛はそもそも脊椎や股関節を前方から守る腸腰筋の筋力低下から生ずる。(後方の筋力低下はわずか!)

また腸腰筋強化に腰椎を保護するとのことで臍を見るような筋トレをやっていてもしょうがない。腸腰筋は股関節を屈曲し、膝を持ち上げる筋肉である。両下肢上げ、両膝上げ腹筋をやりましょう!


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

歩行や軽いジョッギングでは運動の方向に慣性力が働いて大腿四頭筋は強く収縮しなくても膝が伸展して行く(下腿が前方へ振り出される)のであまり大腿四頭筋強化にはならない。むしろ軽い運動の繰り返しで筋肉疲労に繋がる。大腿四頭筋は重力、慣性力を利用する「ずる賢い」筋肉。 結局歩きは筋肉疲労⇒関節のツッパリ力の減少⇒関節軟骨のすり減り⇒変形ということになる。 一方ハムストリングスは、重力に逆らって下腿を後方へ

膝痛や腰痛があれば水中ウォーキング てのは生易しい。せっかく水の中で体重が減るのだから「ランニング」しましょう! 結構大変だから体幹のトレーニングにもなります。転倒しても怪我はしません。もしかしたら溺れるかも??? 冗談はさておき短時間でもきつい運動をする習慣をつけましょう! 最初は水中ウォーキングでも最終目標は水中ランニングです。