診断  

前述の症状でほぼ診断は可能です。補助的診断では単純X線では特に所見は認められませんが、造影では関節包下部の縮小を認めることがあります。また肩峰下滑液包にプロカインを注入するプロカインテストは診断治療に有効です。 これと区別しなければならない肩の病気としては、腱板損傷(これはMRIで診断がつく)、肩峰下滑液包炎、石灰沈着性腱板炎(単純X線で棘上筋腱〈きょくじょうきんけん〉部に石灰沈着が認められる)、頸椎(けいつい)症、腋窩(えきか)神経麻痺などがあげられますが、慢性になると区別がつかなくなることがあり、注意が必要です。 

 

肩関節周囲炎(五十肩)

整形外科 山内クリニック

〒892-0824

鹿児島市堀江町8-7

Tel:  099-216-2177

Fax: 099-216-2188