変形性関節症とは関節軟骨の老化や磨耗によって起こる軟骨と骨の進行性の変性疾患です。人間は二足歩行ですから、股関節・膝関節・足関節などの荷重関節(体重がかかる関節)は肩関節・肘関節・手関節などの非荷重関節(体重がかからない関節)に比べて関節軟骨に負担が強いられます。そのため、荷重関節(股関節・膝関節・足関節・脊椎)は非荷重関節(肩関節・肘関節・手関節)に比べ変形性関節症を発生し易い傾向にあります。

 

しかし、非荷重関節である肘関節は肩関節と手関節の真中にあり、これらの関節と連動して複雑な動作が強いられため変形性関節症を起こし易い関節となります。肘の使いすぎや振動工具を使用する方、肘に負担をかけるスポーツ活動(野球肘など)、肘の外傷(肘関節脱臼や上腕骨顆上骨折、上腕骨外顆骨折、橈骨頚部骨折、肘頭骨折)などを誘因として発生します。しかし、原因が全く特定できない症例も数多く存在します。症状は肘の痛みや運動制限(肘の曲げ伸ばしが困難な状態)です。

 

診断はレントゲン検査にて変形や骨棘形成(骨のとげ)を認めれば確定されます。中には、変形によって尺骨神経が圧迫され肘部管症候群を併発する症例もありますので要注意です。

 

治療は保存的治療(手術しない方法)が原則です。痛みに対しては基本的な痛みの治療法に則り、非ステロイド系抗炎症剤を処方し、リハビリテーションとして温熱療法や肘のストレッチング、筋力強化訓練を指導します。難治例では関節内注射を試みます。変形や不安定性を認める症例では装具療法として肘関節装具の着用を勧めます。手術的治療は日常生活動作(食事をする、髪をとく、顔を洗う、お尻を拭くなど)に不自由を来たす症例が対象となり、肘関節形成術などが検討されます。

 

変形性肘関節症

整形外科 山内クリニック

〒892-0824

鹿児島市堀江町8-7

Tel:  099-216-2177

Fax: 099-216-2188